Blog of our movie making

【超初心者向け!】シネマティックVlogの編集法

こんにちは。From.Hの片山名緒子です。2度目の登場ですね。

From.Hは先日唐津観光協会さんからの依頼で唐津のPR動画を制作させていただき、私はありがたいことにその編集を任せていただきました。私自身初めてのVlog編集でしたが、試行錯誤しながら編集をしてみて、気付いたこと、注意点など多く見つけることができました。

なので今回はVlogを制作における注意点についてお話ししていきたいと思います。

私もまだまだ修行中ですが、Vlogをこれから作ろうと思っている方など参考にしていただけると嬉しいです!

Vlogの編集には基本的に 楽曲選び・素材選び・タイムラインに並べる・SE・カラーグレーディングの作業があります。

各作業ごとに詳しく書いていきます。

✔︎楽曲選び

まずVlogの編集を始める前に決めなければならないのは音楽です。

今回はArtlistを使って使用楽曲を決めましたが、フリー音源でもいいですし、自分で作曲してみてもいいと思います。

Vlogは見てもらう人をいかに飽きさせずに引っ張り続けることができるのかが大事だと思います。なので、楽曲選びにおいて気をつけた方がいいのは、テンポの緩急・サビまでの長さです。

ずっとスローテンポの曲を使用したとすると映像の緩急もつけづらく飽きてしまうでしょうし、サビまでが長いとサビまでで飽きてしまい、盛り上がる映像になるところまで見てくれないかもしれません。

時間をかけて編集したものを最後まで見てもらえない。そんな悲しいことはないですよね。

そうならないためにも楽曲選びは慎重に行いましょう。

✔︎素材選び

編集ソフトに素材を取り込んだら、どの素材のどの場面を使うのかを選んでいきましょう。

ここで大事なのは、撮影してからなるべく早く『素材選び』の作業を行うことです。

撮影してから時間が経ってしまうと、どんな動画であったのか確認するだけでも膨大な時間がかかってしまいます。すぐに取り掛かることで確認するためにかかる時間を短縮することができます。

✔︎タイムラインに並べる

音楽のビートに合わせて素材を並べる。ここに命を捧げましょう!

音楽のビートと素材の切り替わりがずれていると見ている人に大きな違和感を与えてしまいます。音楽と映像の切り替わりをマッチさせて、心地よく映像の世界に入り込んでもらえるように意識しましょう。

素材を並べ終えたら、場所によってエフェクトをかけたり、クロップをかけてみたりします。

最近ではYoutubeにたくさんエフェクトのHow To動画がアップロードされているので、最初は時間がかかるかもしれませんが、動画を見様見真似で編集してみると良いと思います。

ちなみに個人的見解ですが、Vlogの編集ソフトはpremiereProがおすすめです。

普段は直感的に操作しやすいfinal cut proを使用しているのですが、Vlogではエフェクトをかけたりスピードを調節したりすることが多いのでPremiereProの方が思い通りの出来になると思います。また、VlogのHow Toをあげている人はPremiereProを使用している人が多いので情報を得やすいという利点もあります。

✔︎SE

意外と見落としがちなのがこのSE。 普段Vlogを見る時にSEに注目して見たことがあるでしょうか?

風の音や環境音、人の声など意識しないと気づかないかもしれませんが、あるとないとではクオリティーが変わってきます。

撮影時にマイクで録音する、音源をダウンロードするなどしてSEを入れましょう!

✔︎カラーグレーディング

Vlogの世界観を演出するためには非常に大事であるカラーグレーディング。

カラーグレーディングは奥が深すぎて私もまだまだ勉強しなければならないことだらけですが、初めから自分の力だけで行うのは難しいと思います。

最初はLUTを使用してみたり、HowTo動画を参考に見様見真似で操作してみたりしましょう。

ちなみにカラーグレーディングはFinal Cut ProやPremiereProでももちろんできますが、DaVinci Resolveがおすすめです。DaVinci Resolveには無料版と有料版がありますが、無料でも十分すぎるほど細かくカラーグレーディングできるのでインストールしてみてください!

いかがだったでしょうか。私も勉強しないといけないことだらけですが、先日Vlogデビューしたばかりであるからこそ、これからVlogを作っていこうと思っている方達の疑問に答えられていたら幸いです。

また、次回のブログでお会いしましょう!!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP