Blog of our movie making

【初心者必見!!】編集ソフト何を使えばいいの??

こんにちは。From.Hの片山名緒子です。


この記事を読んでくれている方はきっと編集を始めたいけどなんのソフトを使えばいいのかわか らないと悩んでいるのではないでしょうか。


わかります。非常に。 私も編集を始めようとした時に何のソフトを使えばいいのか、ソフトによって何が変わるのかが わからずにGoogle先生に聞いてましたね。
今回はそんな悩んでいる方々の手助けができればと思います。


まず編集ソフトは大きく二つに分かれます。


そう、無料ソフト有料ソフトですね。


最近はiMovieやDaVinci Resolveなど無料でも編集できるソフトがあります。
また、final cut proや premiere proは有料ソフトでありますが、プロの映像クリエイターの方も 使用しており非常にクオリティーの高い編集ができます。


では、それぞれ詳しく編集ソフトのメリット、デメリットを紹介していきます。


○iMovie

  • メリット
    何といってもiMovieは無料かつ直感的にわかりやすいです。 とりあえず編集を始めてみたい。という気持ちの方にiMovieはとてもおすすめです。 私も実際に編集を始めた時はiMovieを使用していました。 カット編集やBGM入れ程度であれば十分過ぎるほどです。
  • デメリット
    iMovieは残念ながらMacのみでしか使用できないんです。 なのでWindowsユーザーで無料で編集を始めてみたいと思っている方は次に紹介する編集ソフト を使用してみてください。
    また、iMovieはテロップを入れるのに向いていないです。 私がiMovieを卒業した理由はこのテロップの自由度が低過ぎる問題にぶち当たったからです。 iMovie使いやすいけど、テロップも自由に入れたいという方は後ろに紹介するfinal cut proを使 用してみてください。


○DaVinci Resolve

  • メリット
    有料版もありますが、無料版でも十分過ぎるほどに使える編集ソフトがこのDaVinci Resolveで す。
    DaVinci ResolveはMacではもちろんWindowsでも使用できます。 また、色味の調整に非常に優れているのでWindowsユーザーの方や色味の調整を細かく編集した いという方にはおすすめの編集ソフトです。
  • デメリット
    DaVinci ResolveはiMovieに比べると直感的に操作しにくいです。 できることが多い分、操作が複雑なため初心者には少しハードルが高い編集ソフトかもしれませ ん。


○final cut pro

  • メリット
     iMovieと同様final cut proは非常に直感的に操作しやすい編集ソフトです。 個人的には、iMovieの進化版のような立ち位置かなと思っています。 また、テロップなどの自由度も高いためYouTubeの編集などに非常におすすめです。
  • デメリット
     Final cut proは¥36,800円(税込)とこれから編集を始めたいと考えている人にとっては少々手の 出しづらい値段となっています。また、iMovieと同様Macでしか使用できないです。 なので、これから編集を始めたい人はiMovieを使用してみてテロップなどの自由度を広げたいと 思ったタイミングでfinal cut proを購入するという流れが良いと思います。また、final cut proは動画スピードの調整などがあまり得意ではないためVlogなどの編集をした いと考えている方は次に紹介するpremiere proがおすすめです。


○premiere pro

  • メリット
    映像クリエイター内での使用率が一番高い編集ソフトがこのpremiere proです。 プロが使用するだけあって非常にクオリティーの高い編集をすることができ、動画スピードの調 整やエフェクトの自由度が高いためVlogなどの編集に非常に向いています。
    また、premiere proはAdobeと呼ばれるソフトウェア企業が出しているソフトの一つなのです が、コンプリートプランを契約するとPhotoshopやAfter effectなどその他のソフトが使用でき るため動画編集だけでなく画像編集などもできるようになります。
  • デメリット
    Premiere proはコンプリートプランで契約すると¥6,248/月(¥72,336/年)と初心者にとっては 手の出しづらい値段となっています。また、final cut proとは異なり買い切りではないため毎年 この価格がかかってきます。 ただ、学生は¥2,178/月(¥26,136/年)なので学生の方は少し手の出しやすい価格になっています。 またfinal cut proに比べると自由度が高い分、直感的に操作しずらいため初心者には少しハード ルが高いかもしれません。
    ちなみに私はYouTube編集はfinal cut pro、Vlogなどの編集はpremiere pro、色味の調整は DaVinci Resolveと使い分けています。


いかがだったでしょうか。

自分がやりたい編集とそれぞれのメリットデメリットを考えて最適な 編集ソフトを使ってみましょう!!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP