Blog of our movie making

【初心者必見!】見やすいサムネイルの作り方

こんにちは。小峯百代です。


今年は早い時期からとても暑く、 果たして夏本番やっていけるのか…と感じています。
YouTube編集と大学の課題に追われる毎日なのですが。 今回のブログでは、私なりの“見やすいサムネイルをつくるために心掛けているこ と”について話していこうと思います。
心掛けていることは、大きく分けて3つあります。


まず大切なのが詰め込みすぎないことです。

YouTubeのサムネイルは、いわばそ の動画の看板のようなものです。動画タイトルなども大切ですが、それ以上に視覚 情報としてのサムネイルが大きな役割を果たすことになります。文字を詰め込みす ぎれば、メインである背景画像が埋もれてしまうし、何が言いたいかあまり伝わり ません。また色に関しても、やたらにカラフルにすればいいという訳ではありませ ん。むしろある程度色を絞った方が、見やすいものになるはずです。


詰め込みすぎないということは、言い換えればどの情報を残すかということ。つ まり、一番伝えたい情報は何かを明確化する必要があるのです。例えば「8割の人 が知っている」なら“8割”というところを強調したいですし、「最短で映画をつく る」なら“最短”という単語を強調させたいですよね。強調したい言葉のサイズだけ 変えてあげたり、色やシャドウ等でメリハリをつけてあげるとパッと目に入りやす くなると思います。 このように、情報全部を与えようとするのではなく、大事なところを抜き取って そこを前面に出していくことでより伝わりやすいものになるのではないでしょう か。


最後に、ここまでの話もひっくるめて大事になってくるのが、動画の雰囲気を表 現できているかです。つまり、統一感です。一つのYouTubeチャンネルとして、バ ラバラなものを出しているよりかは、ある程度サムネイルの雰囲気が統一できてい た方がそのチャンネルの色も出てきて良いですよね。

統一感を出すのに重要になってくるのが、字体・色味などです。編集ソフトには 様々なフォントが存在しますが、サムネイルで使うフォントは基本揃えておくと統 一感が出やすいです。また、文字の色も揃えるとより綺麗に見えます。私のおすす めは、白です。動画の系統にもよるとは思いますが、縁をつけたりフォントを工夫すればどんな背景にでも合いますし、かなり万能な色だと思います。

そして背景画 像に関しては、色味を揃えるというのをお勧めします。私の所属するFrom.H 映像 制作チームのカラーは青なので、サムネイルも若干青みがかったものにしたりして います。全体としての統一感はそのままで、企画や動画の種類によってサムネイル の形式を変えてみるのも効果的だと思います。 その実例として、先月末から毎週金曜日に出している映画『鳩麦荘』のメイキン グ動画は、サムネイルを毎回統一するようにしているのです。こちらも是非。https://youtu.be/q_-SvIIyIeo


見やすいサムネイルにするために?
・詰め込みすぎない
・一番伝えたい情報は何か
・動画の雰囲気を表現できているか


これらを意識してサムネイルを作り終えたら、それがちゃんと見やすいものに なっているか一歩引いて見てみましょう。出来上がって見てみたらなんか違う…と いうことも多々あります。(物理的に)遠目に見てみて、一目で分かりやすいもの になっているかどうか確認しましょう。


はい、どうだったでしょうか。今回は見やすいサムネイルをつくるために心掛け ていることについて話していきました。かなりピンポイントな話題ではありました が、動画編集や他のものにも繋がってくることだと思うので、是非参考にしていた だければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP