Whats New

佐賀 男女30〜40代エキストラ 募集! 自主制作映画「鳩麦荘」 ※協力者として参加いただける方募集

【募集内容】
男女30〜40代エキストラ

経験は不問です。ZOOMで打ち合わせを兼ねたオーディションをおこないます。オーディションはどのエキストラをお願いするかの確認が主となります。

【製作期間】
2021年8月1日~9月30日
撮影は3日程度を予定しております。

※役者決定次第、役者に合わせて日程を調整します。

【報酬】
出演料、食費、移動費は発生いたしません。自己負担でお願いいたします。

【撮影場所】
佐賀(具体的場所は未定です)

【作品情報】
・制作意図
どんな時代に生きても、どんな歳になっても失敗は経験する。そして、自分が望んでい
た道でなくとも私たちは道を見つけてまた歩みはじめる。そしてそこには人の温もりがあ
る。

【応募方法】
応募は以下のGoogleアドレスにお願いします。
→fromhere.moviesab@gmail.com
名前/年齢/お住まいの都道府県/顔がわかる写真や動画/掲載番号N3をお伝え頂けると幸いです。

・あらすじ
三つの時代、三人の人間。失敗によって道が閉ざされ別の道に進んだもの。失敗をしたが諦めきれずその道を歩み続けたもの。失敗を恐れ、何にも挑戦せずにいたが新しく道を歩み始めたもの。その歩みには人の温もりがあり、形は違えど皆人生という同じ道を歩く。
・妻子に恵まれ幸せな家庭を築いていた男性。
田舎で大した仕事にはついていないが幸せな日々を送っていた。しかし、ある日会社が倒産し、仕事を失ってしまう。仕事を探すも見つからず、お酒に溺れるようになる。見兼ねた妻にも出て行かれてしまい人生の意味を失う。立ち直れずどん底の日々を過ごしていたが、周りの人の温もりに触れ少しずつ前を向くようになる。贖罪として、妻子に手紙を書き始めた男性。周りが自分にしてくれたように、自分も誰かの役に立てないだろうか。誰かの居場所を作ってあげたい。そう考え鳩麦荘と名付けた民泊を始める。
・小説家を目指している吃音症の青年。
コンテストへの応募、出版社への売り込みを続けているもののなかなかうまくいかない。そんな中、他人の文章を書く仕事(雑誌のコラム)をオファーされる。同棲している彼女のためにもと思い、仕事を受ける青年。しかし、徐々に自分の文章を書かなくなり、コンテストにも出さなくなる。心配する彼女と口論になり家を飛び出す。弱い自分を痛感するのであった。ふと目に留まったポスターを片手に唐津に訪れ、鳩麦荘に泊まる。同じ旅人である写真家の女性や鳩麦荘の主人との関係を通して、「喋れない自分が思いを他人に伝える唯一の方法が文章を書くことである」という、小説家になりたかった理由を思い出す。青年はまた小説を書き始める。
・失敗を恐れて挑戦をしない少女(高校生)
他人を失望させたくない。恥ずかしい思いをしたくない。なら、最初から挑戦しなければいい。東京で暮らしていた少女は母親の病気が原因で祖父が営んでいる鳩麦荘に引っ越し、手伝いをしながら暮らすことに。転校先の学校で東京に出て役者になりたいという少年と出会う。文化祭の準備を通して徐々に惹かれていく少女。最後、少女は小さな挑戦をする。そして笑う。それぞれの話が並行して進む。失敗、挫折そこからの成長。そして無関係に思えるこの複数の話が絡まっていく。

制作
・監督/脚本
高山凱(早稲田大学三年 From.H_映像制作チーム代表)
・制作
From.H_映像制作チーム
・協力
早稲田映画研究会

参考作品
・過去作品

<撮影までの流れ>
演技練習(zoom上) + 撮影→日程は出演者と交渉

<お問い合わせ>
ご不明点質問は、下記のメールアドレスにご連絡ください。
fromhere.moviesab@gmail.com

令和3年度
From.H_映像制作チーム

PAGE TOP